平成30年就任ご挨拶

一人ひと汗、ひと感動
(社会の一隅を照らす)

この度、伊万里ライオンズクラブの会長を拝命いたしました松尾真介と申します。
市民の皆様には,日頃よりライオンズクラブの活動に深いご理解と心温まるご協力を賜り,衷心より感謝申し上げます。

昨年度は50周年の諸行事を無事に終了することができました。これもひとえに市民の皆様のお陰と改めて感謝いたします。
「おかげさまで50年・これからも地域と共に」をスローガンに精一杯務めさせていただきますので、これからもなお一層のご支援・ご協力をお願いいたします。

また、今年度の会長提言として「一人ひと汗、ひと感動 (社会の一隅を照らす)」とさせていただきました。

伊万里ライオンズクラブの会員数も百人を超え、陣容は整いました。今後は内の力量を高め、新たな地域のニーズに対応した事業を展開し、皆様の要望にお応えできる活動を進めて行きたいと思っています。

一年を振り返って

前会長 原田 好和

昨年度は、クラブ設立50周年の節目の年であり、これまでお世話になっております地域の皆様方に、「感謝と奉仕」の事業に取組んでまいりました。去年の12月に記念式典を開催し、市内16団体へ支援金や物品を贈呈させて頂きました。また、今年1月には、チャリティーライブ「よしもと新春お笑いライブ」を開催させて頂きました。

当クラブが結成した50年前の昭和42年7月に伊万里市内を襲う大水害で沢山のライオンズクラブや各方面から多大なご支援を頂いたことから、チャリティーの支援先を北部九州豪雨災害で被災された朝倉市へ決めさせて頂きました。また、お笑いライブの際には、ご来場者の皆様方から多額の募金をお預かりしました。誠に有難うございました。売上金並びに募金はご来場頂いた 朝倉市の副市長様へお渡し致しました。 心より感謝申し上げます。

これまで長年取り組んできました青少年健全育成事業の「小学校陸上運動大会」・「少年野球大会」・「薬物乱用防止ダメ・ゼッタイ教室」等や、環境保護事業の「カブトガニの産卵地清掃」・「市街地清掃」等

クラブ会員や地域の皆様と共に開催できたことに深く感謝致します。

これからも伊万里ライオンズクラブの活動に対しまして、ご支援・ご協力をお願い致します。